2017年8月19日土曜日

「アリアナ山本」改め「山本グランデ」




Grande means "large" or "great" in many of the Romance languages.
The five most widely spoken Romance languages by number of native speakers are Spanish (470 million), Portuguese (250 million), French (150 million), Italian (60 million), and Romanian (25 million).[3]





今夜は真っ赤なバラを・・・♪(爆wwwwwwwwwwwwww

東アジアの反アングロサクソン勢力ことレンギョウ族@AlbaラインのケツモチにD-Flag





Forsyth was born in Victoria Road, Edmonton, Middlesex, the son of Florence Ada (née Pocknell) and John Thomas Forsyth-Johnson.[4] His family owned a car repair garage in Victoria Road, Edmonton, and as members of the Salvation Army his parents played brass instruments and his mother was a singer.[5] His great-grandfather Joseph Forsyth Johnson (1840–1906) was a landscape architect who worked in Russia, Ireland, and the United States.[6] His great-great-great-great-grandfather William Forsyth (1737–1804) was a founder of the Royal Horticultural Society and the namesake of the plant genus Forsythia.[7]
en.wikipedia.org/wiki/Bruce_Forsyth



The theology of the Salvation Army is derived from that of Methodism although it is distinctive in institution and practice. The Army's doctrine is typical of evangelical Protestant denomination. The Army's purposes are "the advancement of the Christian religion ... of education, the relief of poverty, and other charitable objects beneficial to society or the community of mankind as a whole".[4]
The Army was founded in 1865 in London by one-time Methodist circuit-preacher William Booth and his wife Catherine as the East London Christian Mission. In 1878 Booth reorganised the mission, becoming its first General and introducing the military structure which has been retained to the present day.[5] The current world leader of The Salvation Army is General André Cox, who was elected by the High Council of The Salvation Army on 3 August 2013.[citation needed]


レンギョウ(連翹)とは、広義にはモクセイ科レンギョウ属学名Forsythia)の総称(それらから品種改良で作られた園芸品種をも含める)。狭義には、レンギョウ属のの一つ、学名 Forsythia suspensa和名を指す。一般には広義の意味で称されることが多い。
名のForsythiaは、19世紀初頭にイギリス王立植物園の監督官を務めた園芸家ウィリアム・フォーサイス(William A. Forsyth、1737年 - 1804年)に因む。

レンギョウ属(レンギョウぞく、学名Forsythia)には、7アジアに6種とヨーロッパに1種)の原種、および幾つかの園芸用に交配された雑種がある。どの種も黄色い4弁の花が特徴的である。中国朝鮮半島ヨーロッパ各地でも多く植栽され、春を告げる花として知られている。

中国・朝鮮原産種

  • レンギョウ(学名:Forsythia suspensa、中国名:黄寿丹) - 中国原産種。
  • ギラルディアナ(学名:Forsythia giraldiana、中国名:和秦翹) - 中国原産種。
  • シナレンギョウ(学名:Forsythia viridissima、中国名:金鐘花) - 中国原産種。
  • チョウセンレンギョウ(学名:Forsythia ovata (Forsythia koreana, Forsythia viridissima var. koreana)、朝鮮名:ケナリ(개나리)) - 朝鮮半島原産種。朝鮮半島ではカラムラサキツツジ(朝鮮名:チンダルレ(진달래))と共に、春の訪れを告げる花として親しまれている。
日本公園庭木などで「レンギョウ」として一般的に植栽されているのは、レンギョウ、シナレンギョウ、チョウセンレンギョウである。耐寒性耐暑性に優れているため、日本全国に分布している。大気汚染病虫害にも強く、どんな土壌でもよく育つことから、庭木、公園、垣根に用いられることが多い。
これら3種はよく似ているが、を縦に切ると、レンギョウは芽の出る部分以外が中空、シナレンギョウは芽の出る部分を含み細かい梯子状の髄があり、チョウセンレンギョウは芽の出る部分以外に細かい梯子状の髄がある。また、レンギョウ、チョウセンレンギョウの枝は弓なりに長く伸び下垂するが、シナレンギョウは枝が直立し上向きに張って伸びる傾向があるため、園芸業界では、それぞれ「シダレレンギョウ(ツルレンギョウ)」「キダチレンギョウ」と区別して呼ぶことがある。

日本原産種

先述したように、日本で一般に植栽されているレンギョウ類の多くが、シナレンギョウ、チョウセンレンギョウと外来種である。しかし、日本にも一部の地域に自生している野生種がある。
  • ヤマトレンギョウ(学名:Forsythia japonica) - 中国地方石灰岩地に分布している。
  • ショウドシマレンギョウ(学名:Forsythia togashii) - 瀬戸内海小豆島の石灰岩地に分布している。
これら日本原産種は、他のレンギョウ類に比べて開花時期が4 - 5月頃と遅い。ヤマトレンギョウは葉に先立って花を咲かせ、ショウドシマレンギョウは葉の展開と同時期に独特の緑色を帯びた黄色い花を咲かせる。
この2種は、全国的にも限られた地域にしか分布しない固有種で、森林開発人工造林、園芸採取などによって現在の生育地で絶滅すると野生状態では地球上から完全に消滅してしまうことになるため、(国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストに準拠した)環境省のレッドリストによって、絶滅危惧種に指定されている。

ヨーロッパ原産種

園芸種

  • インテルメディア(学名:Forsythia × intermedia) - 1880年ドイツで作出された。レンギョウとシナレンギョウとを交配させた。スペクタビリス(Forsythia x intermedia ’spectabilis’)などの栽培品種がある。花は大輪で多花性。ヨーロッパで広く栽植されている。日本で流通している切花の多くはこの品種である。
最近ではインテルメディアにさらに別の品種を交配させたり、また他にも多くの品種改良が行われ、様々な鑑賞用の品種が作出されている。

利用

薬用

漢方医学では「連翹」と呼ばれ、解熱剤、消炎剤、利尿剤、排膿剤、腫瘍皮膚病などの鎮痛薬に用いる。成分にトリテルペンモノテルペングリコシドリグナンを含み、強い抗菌作用がある。成熟果実を一度蒸気を通したのち、天日で乾燥し用いる。日本薬局方においては、レンギョウまたはシナレンギョウの果実を用いている。

文化

季語は春である。

連翹忌

4月2日は彫刻家・詩人の高村光太郎(1883年 - 1956年)の命日で、これを連翹忌とも呼ぶ。これは、高村が生前好んだ花がレンギョウであり、彼の告別式での上にその一枝が置かれていたことに由来する。


サグラダ・ファミリア爆破未遂事件ことサクラダリセット未遂事件

サグラダ・ファミリア(スペイン)近くで「暴走テロ」13人死亡!IS犯行声明
2017/8/18 15:13
https://www.j-cast.com/tv/2017/08/18306177.html



Spanish terror cell 'planned to attack Barcelona's famous cathedral with lorry loaded with plastic explosives and butane gas canisters'
Police believe the terror cell behind Thursday's atrocity in Barcelona planned attack of 'bigger scope'
It could have included a plan to blow up a gas-filled van by the world-famous cathedral Sagrada Familia
Killers were forced to abandon plans to use butane gas and plastic explosive TATP following accidental explosion on Wednesday
One person died and police believe there may be a second corpse in rubble of home in Alcanar, 120 miles from Barcelona
Investigators think vans were used because jihadists didn't have the right permit to rent a large lorry
By Iain Burns For Mailonline
Published: 05:54 EDT, 19 August 2017 | Updated: 06:03 EDT, 19 August 2017
http://www.dailymail.co.uk/news/article-4804750/Spanish-terror-cell-planned-attack-Barcelona-church.html

またまた決定的Confirmationがっ!(爆wwwwwwww


片岡鶴太郎、道後温泉にある劇団座長の娘と離婚


片岡鶴太郎が“ヨガ離婚” ストイックな生活で“糟糠の妻”とすれ違い
8/18(金) 16:56配信


タレントで画家、片岡鶴太郎(62)が、ヨガにのめり込みすぎて、38年間連れ添った5歳下の妻と3月に離婚していた。18日のフジテレビ系「ダウンタウンなう」(金曜午後9時55分)で真相を告白するという。

離婚した5歳下の妻は、鶴太郎が下積み時代に所属していた愛媛・道後温泉にある劇団座長の娘。売れない時代から38年間夫を支え続けた“糟糠の妻”だ。夫妻には3人の息子がいるがいずれも自立している。

鶴太郎は、瞑想への関心からヨガを始め、5年前から1日4~7時間の鍛錬を行い、食事は1日1食で果物や野菜など約20品目を2時間以上かけて食べるストイックな生活で、65キロから43キロの減量に成功。しかし、その生活が元で妻とすれ違いが生じたという。

そぎ落としたのは、ぜい肉だけではなかったようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170818-00000007-ykf-ent

ほらまた「温泉」来た!(爆wwwwwww

ピーター・ミルワード氏@元・代々木ゼミナール英語科講師 死去

2017.8.18 16:38更新
上智大名誉教授のピーター・ミルワード氏が死去、91歳 著書に「ザビエルの見た日本」「童話の国イギリス」
ピーター・ミルワード氏(上智大名誉教授、英文学)16日、多臓器不全のため死去、91歳。

通夜は21日午後7時半、葬儀・告別式は22日午後1時半、東京都千代田区麹町6の5の1、カトリック麹町聖イグナチオ教会主聖堂で。喪主はイエズス会司祭、ホアン・アイダル氏。

英国出身。シェークスピア研究で知られ、主な著書に「ザビエルの見た日本」「童話の国イギリス」など。
http://www.sankei.com/life/news/170818/lif1708180011-n1.html


親日派のスティーブ・バノン首席戦略官の更迭発表


米政権、バノン首席戦略官の更迭発表 大統領選の立役者
ワシントン=土佐茂生
2017年8月19日03時08分
http://www.asahi.com/articles/ASK8M0JBZK8LUHBI04Q.html




2017年8月18日金曜日

北朝鮮の本体の最終ケツモチにロックオン!

http://www.dailymail.co.uk/news/article-4801950/Desperate-search-missing-Barcelona-terror-attack.html


Santa Maria del Pi (Catalan pronunciation: [ˈsantə məˈɾi.ə ðəɫ ˈpi], meaning "St. Mary of the Pine") is a 14th-century Gothic church in Barcelona, Catalonia, Spain. It is situated on the Plaça del Pi, in the Barri Gòtic district of the city.
There are unsubstantiated claims that there was an early Christian church on the site in 413. However it is known that in 987 there existed a church outside the city walls and to the west of Barcelona. This was a small Romanesque church dedicated to the Blessed Lady of the Pine Tree (one of the titles of the Virgin Mary). The church was built between 1319 and 1391. The style of the church was Catalan Gothic, with a single nave almost devoid of ornamentation. However, in 1936 the church was gutted by a fire deliberately set by anarchists, who wanted to destroy the building. The church was restored following the end of the Civil War.

The front façade has a large rose window, which is a faithful 1940 reproduction of the original window, which was destroyed in the fire of 1936. Below is the Gothic arch of the main entrance.
The tympanum of the main entrance is divided by two small columns into three arched areas. In the central area is a statue of the Virgin and Child, and above this are placed the arms of the city and of the parish.
The side façade has prominent buttresses that support the weight of the arches and vault of the nave. Between each pair of buttresses is a lancet window. In the centre of this façade is the Door of Avemaria.
The rear façade also has buttresses and lancet windows that light the semi-circular apse. At the rear of the apse there is an ancient door from 1578 that previously gave access to the church via the rear façade.

Over the years the construction of neighbouring buildings has obscured the ancient walls of the church.


秋葉剛男外務審議官@ロシア

【モスクワ時事】日本、ロシア両政府は18日、次官級の安全保障協議をモスクワで開いた。日本側は核・ミサイル開発を進める北朝鮮について「国際社会が一致して圧力をかけていくことが重要だ」として、ロシア側の協力を求めた。

日本側から秋葉剛男外務審議官、ロシア側からリャプコフ外務次官が出席。ロシアは北朝鮮問題について、中国とともに対話による解決を重視する立場。

安保協議では、北朝鮮が発射した大陸間弾道ミサイル(ICBM)のエンジンがロシアから流出したとされる問題も話し合われたが、秋葉氏は「詳細は控えたい」と述べるにとどめた。

秋葉氏は協議後、記者団に「(北朝鮮の)脅威が新しい段階に入っているということを明確に伝えた」と強調した。双方は安保協議を定例化することで一致。次回は東京で開催することを申し合わせた。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2017081801095&g=prk

やっと北朝鮮の本体がやっと動きましたね。(爆wwwwwww

キッシンジャー元米国務長官 北核問題を解決するために「中国に在韓米軍撤収を公約しなければならない」と発言

キッシンジャー元米国務長官北核問題を解決するために「中国に在韓米軍撤収を公約しなければならない」と発言した。

韓半島はアジアで中国の浮上を牽制(けんせい)し、米国の国益を追求する戦略的要衝地だが、米国は本土を脅かし始めた北核の解決で中国の協調を求めるために、在韓米軍を撤収することもできるという意味だ。

米国の立場では在韓米軍撤収は国益のための戦略的選択だが、韓国にとっては国家生存を保障する最も重要な手段を失うことになる。

かつて米国の選択が韓半島に深刻な影響を及ぼした。1950年1月、韓国をアジア防御線に含まない「アチソン・ライン」を確定した直後、北は南への侵略を敢行し、韓国動乱を起こした。

米官民には米軍撤収に関した戦略的選択を提起する専門家が1、2人ではない。シカゴ大学のジョン・ミアシャイマー、ハーバード大学のスチーブン・ウォルト教授は「域外均衡論」を提示する。地域問題は地域当事国が自ら解決し、米軍は大部分撤収しなければならない。

欧州に駐留する米軍を縮小して、NATO(北大西洋条約機構)を独仏など欧州国家が主導するということで、アジア地域では駐日米軍で中国を牽制できる。在韓米軍を撤収してもアジアには代案があるということだ。

だからコリアパッシング(韓国抜き)の余地を与えてはならない。北核解決の核心に韓米同盟も存在するという信頼を官民で揺るぎないものにしなければならない。トランプ大統領が韓国抜きで予防攻撃を行うことがないよう万全の措置を取らなければならない時だ。

金宇祥(キムウサン)延世大教授 韓国紙セゲイルボ

http://vpoint.jp/world/korea/93844.html

「炎と怒り」とポケモンの聖地と北朝鮮シンパ@スペイン




出光元こと東島光雄さん死去

2017.8.17 12:46更新
俳優の出光元さん死去 82歳
 時代劇や刑事ドラマで活躍した俳優の出光元(いでみつ・げん、本名・東島光雄=ひがしじま・みつお)さんが8日、肺腺がんのため死去した。82歳。葬儀・告別式は近親者のみで行った。

 昭和10年、佐賀県出身。TBS系の時代劇「水戸黄門」や「大岡越前」、刑事ドラマ「Gメン’75」、NHK連続テレビ小説「まんてん」など多数の人気ドラマのほか、映画にも出演した。
http://www.sankei.com/life/news/170817/lif1708170024-n1.html

【名字】東島
【読み】ひがしじま,ひがししま,ひがしま,はるしま,とうしま,とうじま,とおしま,あずましま

現佐賀県と長崎県である肥前国松浦郡宇野御厨東島が起源(ルーツ)である。近年、佐賀県にみられる。「島」は一定の小区画を表す。「東」は方角を表す。

牛乳石鹸のPR動画



「さ、洗い流そ。」牛乳石鹸のPR動画に困惑が止まらない..."珍説"も登場
HuffPost Japan | 執筆者: 南 麻理江
投稿日: 2017年08月16日 11時06分 JST 更新: 2017年08月16日 12時03分 JST
http://www.huffingtonpost.jp/2017/08/15/milk-sekken-arainagaso_n_17762350.html


   6月15日にYouTube上に公開されたWEBムービーは、「父の日」をテーマにした作品だ。約2分43秒の動画で、俳優の新井浩文さんが主人公の男性を演じている。妻と息子と3人で暮らす男性のある一日を描くストーリーだ。
https://www.j-cast.com/2017/08/16306004.html?p=all

ヒント
1.誕生日
2.スマートフォンの時間
3.お風呂場の壁
4.「さ、洗い流そ。」


まだわからないニカ?(爆wwwww

愛知県田原市の畑に旧日本軍の毒ガス弾

愛知の畑に旧日本軍の毒ガス弾か 陸自が安全な場所に移送
2017年8月18日0時31分
環境省は17日、愛知県田原市の畑で、毒ガス弾の可能性がある砲弾1個(長さ約50センチ、直径約10センチ、重さ約15キロ)が見つかったと発表した。爆発や漏洩(ろうえい)の恐れはないとみられるという。

同省によると、13日夜に畑の持ち主から警察に通報があり発覚。警察から連絡を受けた陸上自衛隊の不発弾処理隊が14日に確認した結果、旧日本軍の毒ガス弾の可能性があると判断した。砲弾を安全な場所に移した上で17日に発表したという。

http://www.asahi.com/articles/ASK8K5JX9K8KULBJ00N.html

またまた・・・





方面から無様かつ遅すぎる白旗ですなあ・・・(爆wwwwwwww


2017年8月17日木曜日

まだ鬼畜大日本帝国軍部の亜Q精神が受け継がれてる自衛隊もお掃除せんとあかんね

自衛隊に広がる「異国の血脈」――中国人の「親・妻」を持つ隊員が増加(選択出版)8/17(木) 9:30配信 選択出版
中国人を筆頭に外国人の親を持つ日本国籍の自衛隊員、異国の血脈を受け継ぐ配偶者や内縁の妻と暮らす自衛隊員の急増している――。俄かには信じがたいが事態はすでに深刻化しており、
自衛隊はスパイ行為の可能性に危機感を強め、親や配偶者の国籍を報告させているが、あくまでも自主申告。二〇一三年に報じられたデータによれば、二十万人を超える自衛隊員のうち、総計で八百人の隊員の配偶者が外国人で、このうち七割弱を中国人が占めた。しかしある防衛省OBは「(この数字は)実態を反映していない」と語る。
二〇〇七年一月、神奈川県横須賀市の海上自衛隊第一護衛隊群に所属する二等海曹がイージス艦情報を含む「特別防衛秘密」を持ち出し、自宅のフロッピーディスクと大容量のハードディスクに保存。その妻が中国人で不法滞在者だったことが発覚の端緒となり、神奈川県警と海自警務隊が捜索を行うという事件があった。
この事件後、防衛省・自衛隊はすべての隊員に定期的な身上調査で、これまで名前だけだった配偶者の国籍も明記するよう変更した。そして特に中国人と結婚した隊員は「暗黙の了解」で防衛機密と全く関係のない任務にしか就けないようになった。ただこれも自主申告であり「隊員が情報関係の任務を希望する場合、虚偽の報告をする可能性は捨て切れていない」(自衛隊OB)。また、内縁の妻が外国人のケースは調査から漏れる。 防衛省・自衛隊にとって盲点になっているのは、インテリジェンスを担う情報本部の専門職員の採用と、幹部隊員を養成する防衛大学校の入学生。ここに親が中国籍の人間が潜入しているといい、日本の防衛機密は危機に瀕している。選択出版(株)
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170817-00010000-sentaku-soci


同盟国の米国人の嫁さんとかならともかく中国人はダメダメでしょ。キムチ妻もいっぱうまぎれこんでるでしょうし。で、こういふ連中がクーデターを起こしたら、、、(爆wwwwwwww


天皇陛下のスイッチが20秒以上オフ状態になった件

例年の式典では、遺族代表による「追悼の辞」が終わり次第、厚労相が両陛下の席の前に進み一礼。それを合図に両陛下が立ち上がって式壇(ステージ)を向いて一礼し、退出する。

17年の式典では、天皇陛下は立ち上がった直後に客席に目をやった後、式壇を向いて両手を前に組んだ状態で、そのまま20秒以上動かない状態が続いた。式壇から見て天皇陛下の後方にいた皇后さまは、天皇陛下の横に進み出て何かを話しかけた。この直後、天皇陛下は式壇に一礼し、式場を退出した。退出後、記者席では、この異変に関してなのか、小声でささやき合う様子も見られた。
https://www.j-cast.com/2017/08/15305902.html?p=all

痴呆症かなんかで脳がそろそろダメダメなんでしょうなあ・・・前倒しでさっさと隠居させてあげて!(爆wwwwwww